全国でただひとつ 銃剣道を中学校で導入



平塚市立土沢中学校では保健体育の授業で銃剣道を教えています。全国でただひとつここだけです。銃剣道は木銃と呼ばれる用具で相手の喉元と左胸を突いて勝敗を競う格闘技です。旧日本軍の銃剣道が前進で、今も自衛隊では近接戦闘術として訓練に取り入れられています。競技人口のほとんどが自衛隊員か自衛隊OBです。

写真がその「木銃」です。その名の通り木で出来た「銃」。長さ166センチ。実際に手にするとずっしりと重く妙なリアル感があります。鉄砲っぽいのです。

全国で初めて銃剣道を導入した土沢中学校の授業では、武道の一種目として教えていて、具体的には木銃の構え方や声の出し方、足さばきなどを教えているのだそうです。教育委員会は、攻防はしないので安全だとしています。平成27年度から導入、今年度も来年年明けに実施予定です。

6月に開催された市議会本会議で江口は、銃剣道導入の経緯を教育長に問いました。そもそものきっかけは土沢中の体育教諭が前任校で銃剣道の指導者と知り合い、そのご縁から銃剣道連盟の研修会参加依頼が来て、これに参加したこと。これが平成26年度のこと。翌年、校長の判断で導入を決めています。実にあっさりとしたものです。拍子抜けするくらい。戦後70年余りどこの学校でも実施されていなかった銃剣道の授業が本市で始められたその経緯を聞いて私は、「大人のつきあいが実を結んだんだな」、そう感じました。それにしてもよく分からないのは、なぜ他の様々ある武道ではなく銃剣道とおつきあい、なのか、ということです。

おつきあいは一歩一歩深まるものです。次なる「おつきあい」は何でしょうか。私は教育長に、「外部講師として自衛隊員や自衛隊OBが銃剣道を教えることは制度上可能か」と本会議場で問いました。「可能だ」と答えています。体育の先生に銃剣道の専門家はいません。そうであるならば専門家にきちんと指導してもらおうといった声が出ないとも限りません。「ボランティアで教えるよ」と自衛隊員関係者の方が申し出てくれたとしたら、学校や教育委員会はなんと答えるのでしょうか。江口は引き続きこの問題を注視してまいります。


あえて銃剣道を中学生に教える理由は?


今週は平塚市議会本会議真っ盛り!です。江口の登壇は16日(金)です。時間は当日の議事進行次第で変わりますが、たぶん午後一時以降になります。

本会議で取り上げるのは、平塚市立中学校で銃剣道を教えていることについてです。戦後70年もの間、日本中どこも銃剣道を授業で導入しているところなどなかったのに、平塚市立中学校の保健体育の授業で教えています。なぜあえて導入することにしたのか?その経緯や意味を教育長に問う内容です。

ご都合がつきましたら、ぜひ傍聴にいらしてください。会場は平塚市役所8階です。エレベーターで8階まで上がってきてください。案内が出ています。


タウンニュースのデスクレポートから


先週5月25日のタウンニュース平塚版にクローズな平塚市議会の実情がレポートされていました。

どんな議会をつくりたいのか。議長になりたいと考える議員は、議長選挙の際に所信表明していくべきだと思います。

議長や副議長選出は『密室談義で』が、当たり前みたいになっているのは、やっぱり変だしもったいない。議員はみな思いがあってやっているし、日々議会運営についても思うところがあると思う。せっかくだから所信表明の場をつくりその上で投票したい。

正副議長選挙は所信表明を! 緊急動議を提案



やっほー。緊急動議出したよー。 今朝のタウンニュース平塚版が報じてくれました。

一昨日開かれた平塚市議会臨時会で緊急動議を出しました。

動議の内容は、議長と副議長選挙の前に、議長や副議長になりたい議員が所信表明する場を設けるように求めるというもの。府川勝議員と端文昭議員と一緒に提案をしました。

この動議に賛成してくださったのは、提案者以外に7人の同僚議員。金子修一議員、吉野和美議員、臼井照人議員、柏木徹議員、渡辺敏光議員、松本敏子議員、高山和義議員です。過半数に及ばす却下されてしまいました。残念でした。

たしかに選挙は行われるのです。でも誰が議長になりたいと考えているのか、あるいはなってもいいと考えているのか、どんな市議会をつくりたいと考えているのか、全く分からないまま、投票するんです。

議長になって何をしたいのかを言葉にする。これ大事だと思うんだよなぁ。会派の人数だとか当選回数だとか会派どうしの繋がりだとか、そういうのを「忖度」しあってだ、バリバリに忖度しあって、議長や副議長を選ぶのはちょっと窮屈です。せっかくの場だもの。我こそは!と手を挙げて、議会改革への思いを語り、清々しい選挙をしたいなぁ。

すでに茅ヶ崎、藤沢、秦野、厚木市議会では、正副議長選挙の前に所信表明する「立候補形式」を導入しています。

婚姻歴のないひとり親家庭も 保育料など算定時に控除



ひとり親家庭の場合、保育料などを算定する際に所得の控除が受けられます。ですが、平塚市では、結婚歴がない場合はその控除が受けられませんでした。

江口は、この婚姻歴有無による差別はなくして!と訴えてきてました。これが実現!嬉しい。対象になるのはひとり親で20歳未満の子どもを育ている父や母が対象です。受付は今年6月からです。詳細はこちらにしました。上の画像をクリックしていただいても資料を見れます。詳しくは平塚市役所の各担当窓口にお願いします。


春の平塚市議会、いよいよ本格的にスタートです



昨日は平塚市議会の3月定例会の代表質問・総括質問の1日目でした。本会議が終って帰宅途中、フロントガラスの端に西の空が奇麗なのが見えた。これは逃したらもったいないとすぐには帰らず、自宅そばの鈴川河川敷まで行って散歩しました。刻一刻と変わる空はとても奇麗でした。鈴川の泥が冬場よりも匂うにようになっていました。気温があがってプランクトンが増えているのかな。春だな。それもそのはず、今日から3月ですね。


さて、本日3月1日の平塚市議会の登壇者は、金子修一議員、高山和義議員、片倉章博議員、小笠原千恵美議員の4人です。充実した議論になることを期待しています。本日午前10時からです。どなたでも傍聴できます。傍聴ご希望の方は、市役所のエレベーターで8階まであがってきてください。傍聴受付でお名前とご住所を書いていただくと資料がもらえます。ぜひお気軽にいらしてください。お待ちしています。インターネット中継もあります。こちらもご覧いただければ。





 

江口友子が議会質問します 登壇は3月3日午後1時 


江口友子が議会質問します。府川まさるが議会質問します。
 

府川さんと私は、ともに平塚市南原に住んでいます。ふたりで一緒に議会質問の日時や内容をお伝えするチラシをつくり、ポスティングしました。写真をクリックしていただければチラシ詳細に。A4の紙の表面に府川さんのを、裏に私の記事を載せて。配布エリアは、自宅がある南原地区と質問の内容と関係がある岡崎地区でした。
 

府川議員と私は、保守と革新という括りも今さらなんだけど、政治的スタンスはだいぶ違うんだと思う。たぶん、突き詰めていくと、家族観みたいなのが違うんだと思う。でもだからこそ、「へー そんなふうに考えるのかー」とか、学ぶことが多い。同調はしない。意見は言い合って、楽しく、がんばる。


3月3日(木)の午後1時過ぎくらいから江口が登壇、府川まさるさんは午後1時45分くらいから。市役所8階にエレベーターであがってください。議場入り口に傍聴者受付があります。住所氏名を記入すれば資料をもらって入場できます。ぜひいらしてください。まってまーす。(すみません!チラシには3月3日(金)とありますが、正しくは3月3日(木)です。申し訳ありませんでした)


平塚市民病院の経営状況は 議会ネット録画見れます


昨年12月の平塚市議会本会議で江口は、2つのことをテーマに取り上げ市長に考えを問いました。一つは平塚市民病院の経営状況と今後について市長の見解を問うもの。もう一つは同性パートナーシップ証明書の発行を平塚市もしようという提案です。議事録ができあがるまでの間、質疑の様子をインターネット中継録画で見ることができます。MacとiPhoneでは見れません。

1 平塚市民病院の経営状況と今後について

(1)市長に問う

 ア 経営破綻の原因は

 イ 経営改善の方策は

 (ア)経営改善計画書の内容と位置づけ

(2)病院事業管理者に問う

 ア 今年度の手術件数と入院患者数の推移は

 イ 放射線治療システム(リニアック)購入

 (ア)なぜ今、6億2千万円のリニアックを買うのか

2 多様な生き方、家族の在り方を求める声に応えて

(1)同性パートナーシップ証明書

(2)本市の状況と具体的施策は


 


冬の平塚市議会、江口の登壇日は9日(水)


冬の平塚市議会が始まっています。江口は12月9日(水)に議会で登壇します。出番は午前11時半以降から(流動的です。前後するかも)です。経営破綻している平塚市民病院について取り上げます。またパートナーシップ証明書発行を平塚市もやろう!という提案も市長にします。ぜひ傍聴にきてくださいね。発言内容の要旨は⬇の通りです。





 

先送りで「審議未了」 秘密保護法廃止を求める請願

今、開会中の平塚市議会には、複数の市民の方と団体から、「秘密保護法の廃止を国に求める意見書の提出を要請する請願」が提出されてます。

改選前の昨年度にも同じ内容の請願が平塚市議会に出されていました。この請願については、多くの議員がこの請願について賛否を表明せず、『継続審議』すべきものとして先送りにしたまま、議員の任期が満了(今年4月末)を迎えたために、審議未了のまま終っていました。そのため、再度、現在開会中の6月市議会に提出されたもの、です。私は、この請願の紹介議員(請願提出するためには、最低一人の市議の『紹介』が必要)になってます。


 

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM