平塚と厚木児童相談所を訪ね初めて知ったこと


備忘録を兼ねて。平塚児童相談所と厚木児童相談所に視察に行って初めて知ったこと。

●夜間の児童相談所への電話対応は民間事業所に委託。基本的に夜間緊急の一時対応は警察が担っている。

●児童相談所 一時保護所の夜間対応する正職員数は2人と少ない。

●一時保護所の夜間対応には2人の学生アルバイトもいる。17時から翌朝8時までのアルバイトで13500円。平塚児童相談所の場合は東海大生が代々やってくれているが、なかなかアルバイト募集かけてもやり手がいない。

●神奈川県の児童相談所には親子支援担当というのがある。これは親御さんの言い分を聞き取ったりして、家族がもう一度やり直すための支援をする。2人の職員を配置している。全国でもめずらしい事例だ。

●厚木児童相談所と平塚児童相談所の特徴は、一家の子どもの数が多い家族の相談が多いということ。これを多子家族 というらしい。生活の苦しい多子家族が多い。

●厚木児童相談所では、一時保護を里親さんが受けている場合もある。年間50件くらいを里親さんが子どもの一時保護を引き受けてくれてる。

●性被害の相談件数が非常に少ない。平塚児童相談所で昨年度2件。そんなに少ないはずがない。なかなかキャッチアップできてない。子どもたち自身も性被害を訴えるのは難しい。職員の方々も今後の課題と。

●警察を経由するケースが相談件数全体の4割を越える。

まだあるかも。とりあえず。

厚木児童相談所へ


昨日は厚木児童相談所へ。衆議院議員阿部知子さんと。今月はじめに平塚児童相談所にもいき、引き続き、厚木にも行こうということになりました。

厚木児童相談所は昭和46年に出来た。本厚木駅から歩いて行ける距離、国道129号沿い警察署の裏手にある。神奈川県下で最も古く相談件数も多い。虐待相談件数が年間1000件を越える年もある。

建物は古いけど明るい。意外にも開放的だった。児童相談所には定員25人の一時保護所があります。様々な事情で家庭に居られない子どもたちが、数日から数ヶ月ほどをここで過ごす。その間通学はしない。施設内で学ぶ。写真を撮りそびれましたが、小さな教室もある。

私が訪ねた昨日の時間は、20人くらいの子どもたちがよく日が差す庭に面した部屋で遊んでいた。


育休取ると保育園、退園 平塚市も


「育休取ると退園?新ルールに悲鳴 2人目以降産むと”退園”なんて…」とマスコミに取り上げられ波紋を呼んでいる所沢市。実は、平塚市も、もうずっと前から、そして今も、二人目のお子さんが生まれ育休を取得した場合、上の子が2歳以下の場合は保育園退園させないとならない。

平塚市は、保育園入園申し込みに際して、平塚市保育園入園に関する確認票提出を求めている。 ぜひとも、この「確認票」とやらを見ていただきたい。これには、『育児休業を取得する場合、お子さんが2歳児以下のクラスに在園されてい ると要件終了時点で退園していただきます。』と書かれている。ご丁寧に、ペーパー右上に「(このことを)*内容を確認していただき、□にチェックしてください。」とまで書いているのだから、ひどいもんです。保育園に入りたければ「ご承知くださいね」と言わんばかりだ。

これは非常におかしなルールです。仮に、上の子が3歳児クラスの年齢だったら退園させなくてもいい。しかし、2歳児以下なら退園を迫られる。まったく意味がわからない。なぜそんなことをしているのか。少し前に、平塚市の担当者に問うたことがある。担当者いわく、「幼稚園なども3歳児から。3歳児からは集団保育が望ましいとされている。それより小さいお子さんは家でお母さんに見てもらったほうがいい、という判断だ」と答えていた。

しかし、つまるところ、こういうことなのだ。保育園入園希望者は多い。しかし相変わらず待機児童解消できずにいる。保育の受け皿が足りない。だから、「育休中は家で」というわけなのだ。政治の失策の言い訳に、「小さいうちはお子さんを家で…」などというのは、非常識も甚だしい。まったく時代に即していない。

実際、この「年齢制限」にひっかかったお母さんは、悲鳴をあげている。私も、困り果てたお母さんから電話をもらったことがある。お母さんは電話ごしで、「おかしい。あと数ヶ月遅く2人目を産んでいたら、上の子の保育園を辞めさせなくてもよかったのに、ということになる。子どもは授かりものなのに」と嘆いていた。おっしゃる通りだと思う。女性の就労支援や子育て支援を唱えておきながら、いったいどうなっているのだ、と怒っておられた。

もしかしたら、「育休なのだから家で見たらいい」という意見もあるかもしれない。百歩譲ってそうだとしても、育休終了後に必ず保育園に入園できる保障がない。また同じ園に復帰できる約束もない。
市長は、「子育て世代にえらばれるまちになりたい」と言っているのだから、一刻も早く改善してもらいたい。これでは、選ばれるどころか、すでに暮らしている人が悲鳴をあげて出ていってしまう。


おさそい 赤ちゃんも参加できます!音あそびコンサート


⬆ クリックするとチラシのダウンロードができます。

明日、218日(水)午前10時半〜12時、平塚市東真土にある総合芸術学園ボア・コロンブで、【音あそびコンサート みんなでワイワイうたって踊ろう】を開催します。主催は私、江口友子です。

この音あそびコンサートは、即興音楽家の片岡祐介さんを招いて、赤ちゃんから大人まで、【みんなでワイワイ、うたって踊ろう】というもの。歌つくり、即興セッション、音あそびなど、赤ちゃんから大人まで楽しめるミニコンサートです。音楽なんて出来なくても大丈夫。どなたでも気軽にご参加ください。一緒に音あそびするのは、作曲家で打楽器奏者の片岡祐介さん。みんなでワイワイうたっちゃおう!踊っちゃおう! 会場はあったかい全面床暖のピアノ付きホールです。床でゴロゴロも出来ちゃいます!

なお、明日のご案内ですので、参加申し込みは不要です。問い合わせは江口へ。
info.eguchijimusho@gmail.com お待ちしています!




 


図書ボランティアになる講座 図書館って何だろう

4/27(月)
06:50〜08:20  平塚駅西口南側で議会報告ニュースの配布
09:00〜10:30  事務処理をする
11:00〜13:00  自治会長さんから防災についてお話しを聴く
13:30〜15:30  「図書ボランティアになる講座」に出席
17:00〜20:00  事務処理と電話連絡など

●「生きた学校図書館をつくる」連続講座開催
平塚市では、今年度までに市内28の小学校のうち、
24校に学校司書が配置されています。

しかし、学校司書の勤務時間は、月に12日で、
一日5時間だけ。これだけでは、
「生きた学校図書館」をつくるのは難しいので、
有能な図書ボランティアがどうしても
必要になります。

今、平塚市内では、「いい学校図書館をつくろう」
というムードが高まっています。
こうしたなかで、
「本の寺小屋ひらつか」のメンバーの方たちが、
「図書ボランティアになる講座」を連続5回開催します。
(詳細は、諸山さん 0463−23−1554へ)

江口が参加した今日の講座も、とても面白かった。
講師の赤木かん子の話しは、実に興味深かった。
今日のかん子さんのお話しから、キーワード(と思うもの)
だけ拾ってみました。

●「その子にとって必要なものだけが人生に与えられればいい。
本を読む必要がない子もいる」
●「本を読む=物語を読むこと、ではない」
●「図書館の目的は、データの提供だ」
●「図書館とは、学術機関である」
●「図書館とは、人類が考えたり、したりしたことを、
フィードバックしてくれるところだ」
●「図書館は、よりよい未来のために活かすものだ」
●「選書に迷ったら、”現役”の子どもたちに聞け!」

こういう図書館ならば、
子どもたちは、使うだろうなと思った。
赤木かん子さんのサイトがこれ。






子育て支援について お母さんとのやり取りから

12/31(日)
09:00〜10:00 資料の整理など
14:00〜18:00 市民の方のお宅へ伺う
18:20〜19:00 江口事務所で事務処理をする
19:00〜21:30 新しいニュースの印刷を事務所でする

12月は、市外に暮らす友人が帰ってきていたり、友人のクリスマス会
に呼んでもらうこともあって、同世代の方と会う機会が多かった。
政治や行政に関する話題になることも多くありました。

あるとき、市内に暮らす子育て中のお母さんから、
「江口さんは、子育て支援にしっかり取り組んでいるのか?」
とたずねられました。で、私は、平塚市が取り組んできている
学童保育の建物を市が用意する事業をすすめてきていることや、
そのことをさらにすすめようと、私はしている、と答えました。

その後のやりとり。
お母さん:「学童保育は、月に1万円以上かかるでしょう?
フルタイムやフルタイムに近い形で働いている母親ならいいけれど、
大多数の母親は、旦那の扶養の範囲のなかで働いているんだよ。
そうすると、学童保育に預けると、その預けるお金の負担が大きい。
横浜市のように、【全児童対応の放課後預かり保育】をしてほしい。
そのニーズは多いんじゃないか」

江口:「全児童対応の放課後預かり保育よりも、
保育の緊急性の高いところからやるべきではないかと思う。
たとえば、離婚しているシングルの方へのバックアップだとか、
夜間働いている母親の子育て支援だとかの方が、先だと思う。」

お母さん:「そういう方の支援も大事だけど、
多くの女性が働きたくても、子どもを育てながら、
フルタイムでは働けない社会的状況がある。
子どもがいてもフルタイムで仕事を続けられる職に
ついている女性は少数。フルタイムでなくても、
自分の自立のために少しでも働きたいと思っている女性が
多いんだよ。その支援を行政にはしてもらいたい。」

また、このお母さんは、こうも言っていました。
「女性が生活するのに十分な収入を得られないことが、
DVの問題につながるんじゃないか。所得が低いと、
旦那との関係において、発言力が違ってくるからね。
その立場ってかなり不安だよ。
なるべく多くの女性が働きながらも、
子育てできるまちにしてほしい。」

なるほど。実感としてすごくよくわかる。
全児童対応の子育て支援についてはもっと研究が必要で、
いまはなんともいえないのですが、
「そうだよね〜。女性って、なかなか生きるのが、難しいよね」
って、あらためて思ってしまった。

働きたい、働かなきゃっていう切迫感だったり不安感は、
景気もぱっとしないなかで、ますます強くなっていますよね。
だけど、子育てはだいたいにおいて女性の役割だし。
きっと多くのお母さんたちは、
子育てがいやだというんじゃなくて、
子どもはかわいくて仕方ないんだけど、

それとは、また別の問題として、
女性がいろいろな役割を担いながら、
生活するのって結構難しい。いろんなことを考える。
「そんなの、誰もみんなやっていることよ」
とお叱りを受けそうだけど、そう思う。






calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM