大切な方をなくした方のための集い



平塚市では偶数月の第一火曜日の午後2時から自殺で大切な方を亡くされた方のための集いが開かれています。 場所は平塚市役所南側にある八幡山の洋館で。申し込み不要、匿名参加可能です。





鈴鹿市で講演しました 平塚市の自殺対策




●三重県鈴鹿市に行ってきました!
先日7/25(土)、三重県鈴鹿市で、講演をしてきました。自殺対策に取り組む市民団体「いのちと心を守る鈴鹿市民の会」のみなさんに呼んでいただきました。この会の代表をしている杉本信之さん(元鈴鹿市議会議員)とは「地域の自殺対策をすすめる議員有志の会」で一緒に活動していた仲間です。そんなご縁から、です。


●平塚市の自殺対策条例についてと対策

講演の前段は、平成19年に議員立法でつくった平塚市の自殺対策条例についてと自殺対策の内容について話しました。自殺対策条例を施行してから7年目になります。全国初の、しかも議員立法で策定した条例とあって、多くの注目を集めました。


条例をつくってから平塚市の自殺者数は減ったのか?

果たして、条例をつくってから平塚市の自殺者数は減ったのか?、ですが、残念ながら減少傾向にあるとまでは言えません。増えたり減ったりを繰り返しています。平成25年は62人もの方が自殺で亡くなりました。翌年平成26年は、前年の25年に比べて半減して、自殺者33人に。今年は6月末の時点で18人です。


●自殺対策、点から線へ 新たに見えた課題も
平塚市がすすめている対策の内容は多岐に渡っています。各種相談窓口の宣伝や自殺対策の街頭キャンペーンをはじめとする普及啓発活動、自死遺族のための分かち合いの会開催、市役所内に福祉の総合相談窓口をつくり、そこで相談のワンストップ化をめざす、など、地道に細やかにやってきてくれています。また、自殺するかもしれない、そんな心配がある人を支援につなげるゲートキーパーの育成研修受講者ものべ1000人を超えました。ゲートキーパー研修を受講された方が、市役所にある相談窓口に同行支援することも出てきているそうです。とても地道な対策を着実に積み重ねてきていると感じます。対策をすすめるための「点」が「線」になってきているとも思います。そんな話をしました。また、私自身もこの条例を議員立法で策定に深く関わってきているわけですが、策定当時には見えていなかった問題意識(癌患者になってから初めて気付いた薬害の問題など。今度また詳しく書きます)についてもお話し、会場の皆さんと議論しました。


確定申告会場でも 悩みを相談できる窓口案内

確定申告の時期ですね。私も医療控除しなきゃな、です。確定申告会場のひとつになっている平塚市役所ロビーでは、いつもこの時期になると、「みなさんが悩みを相談できる窓口のご案内」が貼り出されます。家族を自死でなくした方が集う場所のご案内といったものも置いてあります。ぱッと手にとりやすい小さなリーフレットも添えてあったり。さりげない心遣いが嬉しいなと思います。






平塚市自殺対策会議が開かれます

7/18(水)
7月27日(金)に平塚市自殺対策会議が開かれます。14時から16時半まで。傍聴が可能です。会場は平塚市役所新館(江陽中の北側にあるふるい建物)3階研修室です。当日は、研水会平塚病院の副院長上田竹人氏の講話のあと、平塚市の自殺の現状と取り組みなどについて議論される予定です。傍聴希望の方は、開始の15分前に会場にいくことになっています。



3月議会の報告を、すこし

 3/23(金)
久しぶりの更新になりました。昨日で平塚市議会の3月議会が終了しました。落合市長は昨年4月に市長に就任したわけですが、自殺対策についての市長の考えや取り組み方針について改めて伺いたいと思っていました。そこで、私は、『落合市長の平成24年度自殺対策の施政方針』を問いました。これに対して市長は、「命を守るのは自治体の重要な責務。自殺は個人の問題ではなく社会的問題だ。具体的に対策をうっていきたい。しっかりすすむようにとりくんでいきたい」という趣旨の発言をしてくれました。本当によかった!ありがたい!と思いました。

残念ながら平塚市では、平成23年、65人の方が自殺によって亡くなっています。平成22年と比べて12人も増えています。これをちょっと聞くだけだと、震災があった年だし景気も悪いから、と感じる方もあるかもしれませんが、神奈川県内の近隣自治体の状況を見ると、そうだとも言いきれません。実際、横須賀市(−22人)、三浦市(−2人)、秦野市(−8人)、大和市(−7人)と、前年よりも自殺者が減っています。神奈川県全体をみても、前年よりも人数が減っています。前年対比で二桁も自殺者数が増えている平塚市の厳しい状況は、近隣他市のなかで際立っています。

そこで、先日の議会で私は、平塚市の状況は厳しいということを確認するために、過去5年間の平塚市内の自殺者数、自殺未遂者数の人数を明らかにしながら議論を展開し、これを踏まえた落合市長の今後の自殺対策の取り組み方針を伺ったものです。やりとりの詳細は、追ってまたご報告するようにいたします。






眠れていますか? お父さん

 11/19(金)
疲れているのに眠れないな〜。
眠れないと、体調が悪くなるし、仕事にも差し支えるし、
大変ですよね。

「最近、なんだか眠れない」という方は、
”眠りのための講座”に参加してみてください。
お医者さんと保健師さんが、
「心地よい眠り」をゲットするために
平塚市美術館で講座を開きます。
お気軽にご参加ください。
もちろん女性も参加できますよ。

日時          11月27日(土) 午後2時〜午後3時半 
ところ          平塚市美術館
主催           平塚市
申し込み        平塚市保健センターの健康課へ
申し込み電話     0463−55−2111へ

☆平塚市にお住まいかお勤めの方がご参加できます。





NHKクローズアップ現代で平塚市の自殺対策の取り組みが報道されるかも 

 9/28(火)
全国若手市議会議員の会というのがあります。
そこの会長をやっている
東京都文京区の区議会議員の前田くにひろ議員が、
平塚市の自殺対策の取り組みを視察に来ていました。

その前田議員を、NHKのクローズアップ現代のカメラ取材していました。
前田議員と取材班が平塚市の自殺対策を
担当しているくらし安全課の方の話しを聞いたあと、
役所近くにある江口事務所にも立ち寄ってくれました。




↑ 左から NHK報道局の記者の方とカメラマンさん、前田議員
大きなカメラだった!すごく高いものらしい。



↑ カメラマンさんに撮ってもらいました。

テレビの取材は、前田議員のさまざまな活動に
同行しているそうなんで、
平塚市の自殺対策の取り組みが
どこまで取り上げられているかわかりませんが、
放映は、10/6(水)19時30分からの予定だそうです。





 

 


第2回生活保護問題 議員研修会に参加しました

 8/21(土)
8月20日〜21日の2日間は、横浜・桜木町で開催された
生活保護問題対策全国会議全国公的扶助研究会主催の
「住民の”生存権”を守るために 基礎から学ぶ生活保護」
に参加しました。全国から地方議員が204人も参加したそうです。
すごい熱気でした。


↑ 生活保護問題対策全国会議代表 尾藤弁護士

●いまこの日本で 暑さが原因で人が死ぬ
2日間の研修会の1日目は、湯浅誠氏の講演がありました。

熱中症死や高齢者の所在不明問題の背景には、
貧困の問題がある、と湯浅氏は指摘していました。

暑さのために熱中症で亡くなる高齢の方は、
暑いのにうっかりクーラーをつけ忘れていたから亡くなるわけじゃない。
電気代を使わないようにするために、
クーラーも扇風機も使わないから暑さで亡くなってしまう。
親の年金を頼りにして暮らしている息子さん、娘さん世帯は多い。
そういう世帯は親の年金がとまったらどうなるんだろう。

いま、家族が家族を守れない。
家族がこれまで支えてきたことを、これからは社会がいかに
支えるかを考えないといけない。

家族の問題は、そのコミュニティの特性故に、
なかなかその中の様子が見えないが、
熱中症死や高齢者の所在不明問題は、
社会が見ないようにしていた『貧困』の問題を顕在化させた。
社会の在り方を私たちは真剣に考えていかないとならない。

こういう湯浅氏の指摘から始まった2日間の研修会は、
とても意義深いものでした。







アルク・アルコール問題業務研究・連絡会に参加しました

 8/17(火) 友人がとった写真↓ タイトル【葉〜トフルな世界】


●福祉や医療をお仕事にされている方へ  お勧めです
横浜市中区にあるNPO法人 市民の会 寿アルク
(アルコール・薬物依存症からの回復の手助けをするNPO法人)
主催の
「アルク・アルコール問題業務研究・連絡会」に参加しました。

アルクは、横浜市中区に、デイケアが5施設、
グループホーム1施設を設け運営しています。
デイケア施設の4か所では、通所期限を設けて、
回復にあわせてプログラムが組まれて、
年中無休で開所してくれています。

すごいことに、アルクでは、
アルコール依存症からの回復者本人の方が指導員として、
手助けにあたってくれています。

お酒をやめたい願望のある人を受け入れ、
費用は原則無料の施設です。

今日は、アルコール依存症から回復されたアルクOBの方と
それを支援した職員の方たちが「ありのままを生きる」を
テーマに体験談を話しを聞くことができました。

私はアルクOBの方が、
静かにでも ユーモラスにご自分の人生を話すのを、
引き込まれるようにして聞きました。

私自身は、
サポーティングハウス「ひだまり」(生活困窮者の方のための
一時避難所)の活動を通じて、アルコール依存症の方との
つきあいがはじまりました。
「ひぇ〜!これぁ、すごく大変だ」というのが正直な気持ちです。

アルコール依存症は、その方の体も壊すだけでなく、
飲む出すと、人間関係も壊して歩くので、
具体的にひとつ一つ人間関係がきれて、
人生が壊れてしまう大変な病気だと思います。

各市の生活保護担当の職員の方や福祉・医療関係で
働く方たちの多くが、アルコール依存症の問題と向き合って
おられると思います。
日々、悩ましいことも多いと思いのではないでしょうか。

ぜひ参加してみてください。私もまた参加したいです。
この「アルク・アルコール問題業務研究・連絡会」には、
横浜市職員の生活保護担当の若い方がたくさんいらしていました。


「アルク・アルコール問題業務研究・連絡会」の
次回以降の会のスケジュールは、
第3回 10月19日(火)  第2アルク・デイケア・センター
第4回 1月25日(火)   第2アルク・デイケア・センター
詳細は、連絡先 第2アルク・デイケア・センターへ 
筍娃苅機檻僑苅院檻横娃牽






 

自殺対策会議がスタートします

 7/25(日) 
連日の猛暑ですが、夕方の空はきれい。↓
数日前の平塚の夕空をパチリ↓。


●自殺対策会議がスタートします
平塚市民のこころと命を守る条例の第16条の規定に基づいて
平塚市自殺対策会議がスタートします。
会議の第一回目は、7月29日(木)の午前10時から12時まで。
開催場所は、平塚市役所新館3階 研修室です。
傍聴が可能です。





calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM