馬選挙報告会 〜癌にならない社会をつくる事と馬

講演会場の神戸北区にあるみついの杜牧場にて。看板をつくりました。

























「馬との出会い選挙」の馬の責任者をしてくれた三嶋鋳二さん(写真右)







































地元選挙参謀をつとめてくれた中村隆一さん(神奈川県二宮町在住、炭素循環農法の実践者です。)


























●神戸北区にあるみついの杜牧場で選挙報告会

「馬との出会い選挙報告会 癌にならない社会を作る事と馬」を神戸北区にあるみついの杜牧場でしてきました。4月末の選挙でしたが、まとまった報告会をちゃんとするのは初めてでした。なぜ神戸のしかも牧場で選挙報告会をしたか?ですが、「馬との出会い選挙」の馬の責任者をしてくれた三嶋さんは、ここのスタッフで、10日も三嶋さんが平塚に滞在してくださっていた留守を守ってくれていたのが、この牧場のスタッフ高木さんと浜さんお2人でした。お世話になったみついの杜牧場で、遠く離れた平塚の選挙がどんなだったか報告したいというのが、今回神戸でやった理由です。

●地元選挙参謀 中村隆一さんによる演出 「いかしあいの選挙」

選挙報告会には、地元選挙参謀をつとめてくださった中村隆一さん(二宮在住)も一緒に参加してくださいました。中村隆一さんは、炭素循環農法の実践者です。この農法は肥料すらつかわらないで、土のなかに微生物を育て、その力を「いかして」野菜を育てています。「いかす」。「いかしあう」。これが、中村隆一さんの農コンセプトです。中村さんご自身全体のコンセプトだと私は理解しています。この中村隆一さん演出による「馬との出会い選挙」は、とにかく楽しかったです。選挙に参加してくださった方たちの力や魅力をいかし、馬の力をいかし、候補者も、ライバルである他の候補者もいかしあう、そんな「いかしあいの選挙」でした。だから楽しかった。
 

●なぜ選挙で馬を使ったか 「奪い合い選挙」からの脱出
実は多くの選挙は、「いかしあいの選挙」の間逆の「奪いあいの選挙」です。まず票を奪いあいます。票の奪いあいとは、つまり補助金の奪いあいです。以前の私は、「ハコモノじゃなく教育や福祉へ」と訴えていましたが、それもつまり奪いあい。税の分配の奪いあいです。
候補者はヒロイックに補助金分配の不公平を訴え、その是正のために私を応援してと訴えます。このスタイルは「情報提供型選挙」でもあります。候補者が有権者に情報を一方的に伝え、有権者は候補者を支援する。こうした選挙をすると、支援される候補者と支援する有権者という人間関係が出来てしまいます。当然ですが、選挙と政治は地続きです。選挙は、当選後の人間関係をつくり、政治活動をかたちつくっていくことになります。これまで私がやってきた選挙を変えるために私は選挙で馬を使おうと思いました。みんなが楽しい選挙をしたい。スポイルしあわない選挙にしたい。これを選挙の一年前に決めていました。
 

●選挙事務所なし 選挙カーなし!身体の声を聴きながらつくった選挙
ちょっとだけ振り返ります。27歳で初当選した私は35歳で癌になりました。一時は抗癌剤の副作用で死にそうにもなりました。現代医療にお世話になりながらも、これ以上はもうダメ!となってからようやく、癌は私が作ったんだから私が治せるはずだと考えるようになりました。治癒への道を歩く中で、私は、不自然なことや自分がつらいと感じることにすごく敏感になるようになりました。すぐ身体が反応します。反応を無視すると寝たきりになるほど体調悪化します。身体の反応をみて、軌道修正していく、そんな感じの毎日です。
今年にはいってから馬を使った選挙を組み立てていくにあたっても、身体の反応を見ながら、軌道修正を重ねました。タスキなどの選挙グッズの業者発注はしないで自分でつくる。選挙のためのだけの挨拶まわりは一切しない。選挙事務所はつくらない、そんなことを身体の反応を見ながら決めていきました。

●どんな馬を使うか どう使うか みなで手探りしながらすすめました

選挙はすぐそこなのに、ひとつひとつこだわり、立ち止まるする私を、中村隆一さんや馬担当の三嶋さんはじめみなさんが、そっと受けとめてくださいました。ありがたかったです。(これを承認というのでしょうね)実際に馬を使った選挙は、具体的にどんな種類の馬をつかうか(ホースセラピーで活躍している道産子マロさんをチョイス)、その馬をどう使うかを考えていきます。考えること準備することはいくつもありましたが、みんなが、私の思いにそいながらも、より楽しくやるにはどうしたらいいかを考え選挙をつくってくれました。それを見て感じたことをまた翌日の選挙戦に反映させる形ですすめました。


●馬選挙を通じて学んだこと いかしあう場は「癌にならない社会」
選挙は盛り上がりました。トップ当選でした。選挙の結果も素晴らしいものでしたが、私は個人的に大きな収穫がありました。私は私を「いかしてもらった」と感じました。これがもっとも大きな収穫でした。選挙を通じて、ひとをいかすというのはどういうことかを実感することができたのです。
私はいかしてもらった。今度は私の番だ。私がしてもらったことをよく理解して、拡げていくことだ、と思います。目の前にいる人をいかす。それは支援したり補助したりすることじゃない。そこにいる人をそのままみつめ、受け止める。それだけでまずは十分。私が政治家としてすべきは、いかしあうことができる環境設定をすることだと思います。これは、選挙で馬のマロさんがいる楽しい語り合いの場をみんながつくってくれたのと似てる。いかしあう場は楽しい。身体の内側から嬉しい。だから癌になんかならない。これが「癌にならない社会」です。みんなでつくっていきたいです。

 


マロさん帰りました 名残惜しい





投票日の翌日4/27(月)、道産子のマロさんは、埼玉県滑川町の牧場「比企の丘キッズガルデン」に帰っていきました。普段マロさんは、ホースセラピーの馬として、「比企の丘キッズガルデン」で活躍しています。日本でただ一頭ですよね、こんなに選挙を体験した馬なんて。10日あまりも一緒にいたので、お別れが辛かった〜。二宮町につくった仮厩舎で記念撮影を。仮厩舎をつくらせてくださった酪農家ご家族とともに。マロさんに会いに滑川町の牧場にいくかな。


馬と歩く 馬行進はこれからもやりたい








●馬と歩く ただそれだけで楽しい
私は普段あまり歩かないんです。疲れるからです。でも今回の選挙ではたくさん歩きました。一日に1万5千歩くらいは歩きました。なのに、全然疲れを感じませんでした。馬と一緒にいることでつくられるワクワク感が、疲れを感じるよりも上回るので、どんどん歩いちゃう。おかげで体調がいいんですよ。体が軽い。甥っ子君5歳もたくさん歩きました。馬のひずめの音とリズムにあわせて、足を高くあげて、わっしゃわっしゃと、歩くんです。楽しかった〜。私がまったく知らない子どもたちも馬行列に加わってくれたました。なかには、明石町の新宿公園〜湘南海岸公園の長距離往復コースを一緒に行進してくれた男の子も。もうすっかり友達です。行進終了後には、「疲れたでしょう?」と肩もみまでしてもらったぞ。
●馬がいろんなものを溶かしつなげてくれた
馬と歩く。ただこれだけのことが、これほど楽しいとは!大きな発見でした。馬がいるとまちの景色が変わる。いきいきとしてくる。人と人との関係も緩む。ティッシュ配りのお兄さんが馬を見た時の、あのかわいい笑顔!パチンコ屋さんの警備員のおじさんには、前を通るたびにやさしい声をかけてもらいました。馬と歩く。ただそれだけで、いろんなものを溶かしいく。つなげていく。そんな力がありました。もう楽しくて仕方なかった。選挙が終っても、定期的に馬行進するぞと目ろんでおります!私の健康のためにもね(笑)!。

一票一票の物語を知った選挙でした

平塚土屋の里山で採れたタケノコの灰汁抜きをしました。タケノコの下ごしらえをしながらウチの台所からツイキャス。今回の選挙は、一票一票の物語を知った選挙でもありました。


馬と大神の風土を感じるお祭り

「馬との出会い体験 in大神」2日目 馬と大神の風土を感じるお祭り。全て暮らしの中にある。語らい、歌い混ざり合うよ。

Posted by 三嶋 鋳二 on 2015年4月26日

「馬との出会い体験 in大神」2日目 馬と大神の風土を感じるお祭り。全て暮らしの中にある。語らい、歌い混ざり合うよ。

「馬との出会い選挙」には、馬の専門家(NPO法人インフォメーションセンター)の力をお借りしました。その一人三嶋鋳治さんのFB投稿をここに転載。⬆


馬との選挙は、誰ものけ者にしない静かな選挙だった



●「馬との出会い選挙」、トップ当選でした!
5379人もの方に投票していただきました。私も私に投票していますので、これを差し引くと、5378人の方に投票してもらいました。選挙カーも選挙事務所も、後援会組織も持たないで、もちろん政党の支持もなく、トップ当選することができました。

●馬のマロさんに力を借りた選挙
道産子のマロさんの力を借りました。ホースセラピーで活躍するマロさんです。私自身が、自分の心身のリハビリのためにお世話になっているマロさんです。今回の選挙では、道行く人がマロさんの体にふれ、その毛をなでて、馬と出会ってくださいました。一緒にボロを片付けてくれました。選挙活動スケジュールは、マロの食事と休憩タイムを最優先に組み立てました。食べて、こなして、出す。この生き物としの当たり前のリズムにあわせてやりました。馬は体の大きな割に、とても繊細な生き物です。弱い存在です。その弱い存在の鼓動に耳をすます、そんな選挙でした。

●弱い存在の馬にあわせた選挙は誰も排除しない選挙だった
とても弱い存在のマロさんの存在に焦点をあわせた選挙は、やってみたら、誰も排除しない選挙でした。車いすの女性とも、グループホームに通う高齢の方とも、障害を持つ子どもたちとも出会って、たくさんの話をすることができました。癌キャリアの私も決して体が強いわけではありません。弱い私もマロさんのおかげで、選挙に挑戦することができました。誰ものけ者にしない静かな選挙で、トップ当選ができました。嬉しいです。


「馬との出会い体験in大神 大神の風土を楽しもう」の動画

本日4/25(土)開催した「馬との出会い体験in大神 大神の風土を楽しもう」の動画です。


馬との出会い選挙 最終日、最後の街頭演説動画

選挙スケジュール最後の街頭演説(馬なし)の動画です。平和な国をつくるために、私がこのまちでやりたいことを話しました。


横川圭希さんからの取材 全部動画で見れます

憧れの横川圭希さんからインタビューを受けました。横川さんのインタビューはすごいです。すっと話しがすすみ、でもちゃんと掘り下げてくれるそんな取材でした。なんで私は政治家になったのか。イデオロギー的にはどうか。何を考えて馬と選挙をしているのか。などなどについて、とても自然に言葉を引き出してくださいます。すごい人間力の横川さんにお会いできて、そのパッションが私にうつって、ゆっくりしたやりとりでしたが、楽しい時間でした。見てみてください。


本日4/25 「馬との出会い体験 in大神」開催




⬆ 昨日は、私が以前住んでいたコンフォール平塚で「馬との出会い体験」しました。

本日4/25(土)は、平塚市大神エリア(大神美里幼稚園前の田んぼ 地図をご参照ください)で、「馬との出会い体験まつり in大神〜大神の風土を楽しもう〜」を開催します。午後1時から2時半くらいまでです。ひき馬体験をすることができます。ゲストも超豪華です。ゲストの方たちにも馬にふれあっていただいて、その後、この地で予定されている巨大開発「ツインシティ計画」について意見していただきます。ゲストは、露木順一さん(元開成町町長)、寄田勝彦さん(NPO法人インフォメーションセンター代表)、石黒あきおさん(平塚市長選挙候補者)、金子修一さん(平塚市議会議員)、端文昭さん(平塚市議会議員)です。

⬆ 本日開催、大神地区での「馬との出会い体験」会場マップ
 

その後、馬のマロさんと江口は、平塚駅北口階段下あたりに場所をうつして、午後4時〜5時まで、街頭演説(馬あり)をします。ぜひいらしてください。お待ちしています。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM