<< NHKクローズアップ現代で平塚市の自殺対策の取り組みが報道されるかも  | main | 暑さがやっと遠のいてきました  >>

財政白書づくり 大学院生から取材を受けました

 9/29(水)


平塚の市民団体「ひらつか自治体財政研究会」のメンバーが作成した、
財政白書について、東京農工大学の大学院生が
ドクター論文を書くにあたって、取材しに来てくれました。

江口は、作成にかかわった議員のひとりとして、
少しだけ取材を受けました。

市民がつくる財政白書づくりに焦点をあてたドクター論文。
取材を受けることができて光栄に思いました。

今日、取材に来てくださった大学院生は、
市民がつくる財政白書づくりのけん引役である
大和田一紘先生の弟子にもあたる人。
どんな論文になるんだろう。楽しみです。

彼は、都内に住んでいて、「しらす寿司を食べたことがない」
というので、夕飯に、平塚駅北口そばの「味処 くしはな」さんに、
しらす寿司を食べに行きました。

先日、都内に住む江口の友人に、
「しらす寿司、食べたことある?」と聞いたら、
「しらすを生で食べるの?
私が食べるしらすは、いつも乾燥している。」といってました。
生しらす、平塚名産です。とってもおいしいよ。
平塚では、けっこう ふつーの居酒屋で食べれますよ。






calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM