9月、江口事務所は毎週水曜にオープンしています

 9/1(木)
9月の江口事務所は毎週水曜日の午前中にオープンしています。どうぞお気軽にいらしてください。事務所はいつもにぎやかです。「市役所に行くついでにちょっとだけ寄ってみた」という方もけっこういらして。近くにいらした際にはお気軽に立ち寄ってください。9月は議会開会中なので、江口は留守のときもあります。ボランティアスタッフの方がいてくださいます。


江口事務所  平塚市宮松町6−9 秋元ビル2階
平塚市役所そばのダイエーのななめ前  宮松町商店街にあります。











江口事務所の8月のオープン日

 8/1(月)
8月の江口事務所のオープン日は、毎週水曜日の午前9時半から午後1時までです。気軽にお立ち寄りください。


江口事務所 平塚市宮松町6−9 秋元ビル2階 市役所近くのダイエーの斜め前 &Fax 0463−23−2077


 


 


7月の江口事務所オープン日

 7/1(金)
今年も残すところ、あと半年ですね。折り返しだ!7月の江口事務所のオープン日は、以下のとおりです。


これまで江口事務所は、毎週火曜日と木曜日の午後オープンしていましたが、当分の間、毎週水曜日の午前中の9時半〜13時までとさせてください。
江口が留守のときもありますが、毎週水曜日の午前中(9時半〜13時まで)の間は、事務所のボランティアスタッフの方がつめてくださっています。

「困っていることがあるんだけどどうしたらいい?」ですとか、「これっておかしくない?なんとかしたいんだけど、何からはじめるといい?」といった質問やご意見などを電話でいただくことも多いのですが、毎週水曜日の午前中でしたら、すぐにお受けすることができるようにしています。

今年いっぱい、江口は通院したりしているものですから、このようにさせていただきました。どうぞよろしくお願いします。






 


6月の江口事務所オープンの日

 6/1(水)
雨が続きますね。
6月の江口事務所のオープン日は、以下のとおりです。
毎週火曜日は、午後1時半から4時まで、
毎週水曜日は、午前9時半から午後1時までオープンしています。
議会の予定がある時は、江口は留守にしていますが、
ボランティアスタッフの方が事務所につめてくださっています。
お気軽にお越しください。

7日(火)    午後1時半〜午後4時半まで  
8日(水)    午前9時半〜午後1時まで
14日(火)   午後1時半〜午後4時半まで
15日(水)   午前9時半〜午後1時まで
22日(水)   午前9時半〜午後1時まで
28日(火)   午後1時半〜午後4時半まで
29日(水)   午前9時半〜午後1時まで












5月の江口事務所オープン日

 5/12(木)
江口友子事務所の今月のオープン日は、以下のとおりです。

平塚市宮松町6−9秋元ビル2階 
事務所電話     0463−23−2077









市議会議員3期目の挑戦、大きなご支援をいただきました。

4/24(火)
  

                                                   
                                      ↑ 当選確実の知らせをうけて
皆さんの力で当選できました。
公職選挙法のきまりでお礼を申し上げられないのですが、
なんとトップ当選でした。
7208人もの方が投票してくださいました。

前回二期目の選挙もトップ当選でした。
そのときの得票は6395票でしたから、
前回選挙に比べてさらに大きなご支援をいただきました。


↑友達が「必勝」ハチマキをつくってくれて。当選の知らせを待ちました。


          ↑タウンニュースの記者の方が取材に来てくださいました

私は、選挙と政治は地続きだと考えています。
時に軽んじられる命とくらしを守るために、
お一人お一人の力による草の根選挙が不可欠です。
どこの団体からも組織からも推薦を受けたりしない草の根選挙を、
今回もやりました。

これまで2回経験した選挙では、
私は朝の6時から街頭に立って、
夜8時まで市内中で街頭演説をしていました。
それが今回はできませんでした。
本当に多くの方の力を借りた草の根選挙でした。

みんなの力を借りた草の根選挙で、
【市政のすきまを埋め、声なき声をうけとめます!】という
静かなスローガンがじんわりまちに広がった結果、
当選することができたと感じています。

私自身は、今回の選挙の結果に、
「ポン」と背中を押していただいたように感じています。

温かい多くの方の手と力をを借りた今回の選挙。
これからもより多くの方の手を借りることになると思いますが、
みんなで政治をして、
声なき声を受けとめられるまちにしたい。
私も大事にされてあなたも大事にされる、
そんなまちをみんなでつくりたいです。

↑ 後援会長の矢口仁成さんと握手。










選挙戦スタートしました

 4/17(日)
市議会議員3期目の当選にむけて、出陣式を行いました。
その様子をご報告します。
大勢の方が駆けつけてくださいました。
遠くは京都、千葉からもが駆けつけてくれました。





↓尊敬する阿部とも子衆議院議員も藤沢市から駆け付けてくださいました。


国会の合間を縫って、連日東北の被災地に入っている阿部議員。
「厳しい被災地であるからこそ、小さな声、声なき声を見捨てない。
そこに光を向けるのが政治の役割」と阿部議員。
被災者を切り捨て福島を見捨てたままで、
”復興音頭”を踊ってはいけない、
という言葉が印象的でした。


選挙事務所の中に入り切れないほどでした。



さぁ、出発!!








友人たちは休日返上で、都内からは連日親戚も駆けつけてくれて、
江口友子選挙カーを動かしてくださいました。
みんながボランティアの手作り選挙です。
一致団結して、江口友子の政策を訴えてくださいました。







いよいよ明日から本番。新しい挑戦のはじまりです。

4/16(土)



●個人的な悩みの中には政治が解決すべき課題がある。
これまで毎週末、平塚駅でやってきた街頭演説では、
本当に多くの方に会いました。
よっ!と声かけて励ましてくださる方だけでなく、
誰にも言えずにいた暮らしの不安を街頭のその場で
訴える方も多かったです。


私は、一見個人的とも思える相談ごとの背景には、
本当は政治が解決するべきことがあると考えています。
実際、全国で初めてつくった自殺対策の条例には、
私自身がさまざまな相談を受けていたなかで見えてきた課題
《とことん追い詰められるまで
どこにも相談すらできないでいる現状》を
なんとかしたいという思いを込めました。

幸い、平塚市議会の最大会派(当時)が提案してくださり、
これが実現しました。


●向き合いながら政治活動を続けていきます。
自殺対策の条例はできた。支援の枠組みもある。
だけど、この枠組みにたどり着けない人がいかに多いことか。
枠組みに辿りつけるようにするための具体策をつくりたい。
もちろんまだまだPRも足りてない。

人が生きていく上での不安感を少しでも和らげること、
それが地方自治体のもっとも大事な責務だと考えている私は、
3回目の挑戦に向けてやる気も気力も十分でした。



そう思って走り続けている矢先、あの大震災のちょっと前です。
乳がんになっていることがわかりました。
驚きました。頭が真っ白になりました。
先の見えない不安に押しつぶされそうになりました。


幸い乳がんを専門にする医師からしかるべき治療を
受けられることになり、
家族や後援会の方たちと話合いを重ねて、
病気と向き合いながら政治活動を続けることにしました。


一見個人的とも思える悩みの中には、
本当は政治が解決するべきことが含まれている。
政治が担うべき解決策は何なのか考えるのが、
政治家の重要な役割だ。

そうだとすれば、
私が抱えることになった乳がんとの闘いのなかにも
政治の役割があるに違いない。
その大変さも厳しさもよくわかるはず。

今までよりももっと当事者に近い立場で
様々な問題を解決することができると確信しています。
これまでの実績を活かしつつ新しい挑戦をしていきたい、
そう考えています。






タウンニュースに掲載されました!

 4/14(木)
今朝のタウンニュース平塚版に↓の記事が掲載されています。
どうぞご覧ください。
あなたがまちを、住みやすくするために、
議員をどうやって使えばいいのか、
政治の仕組みをイラストにしてみました。









新江口友子事務所、オープンしました!!

 4/1(金)
市内宮松町に江口友子の新事務所をオープンさせました!
市役所そばのダイエーの並びです。
ぜひ気軽にお立ち寄りください。


江口友子新事務所
住所 平塚市宮松町7−2落合ビル1階
電話 0463−24−5290






calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM