2月の「出前議員」のご案内 富士見と城島公民館にて開催


2月も「市政に注文 『出前議員』」開催します。2月20日(土)富士見公民館2階会議室、2月21日(日)城島公民館教養室です。いずれも午前10時から午後3時まで。この会は、超党派の有志の議員で市内すべての公民館をまわって、みなさまからのご意見やご要望を公的、私的を問わずお伺いするというものです。私たち議員が発言、発表、説明する場ではありません。お困りごと、ご提案、アイデアなどどんなことでも結構ですのでご来場ください。

どなたでも参加可能です。予約不要、飛び入り参加、途中退出オッケーです。もちろん無料です。こないだなど、「お昼だけ一緒に食べよう」と、お弁当持参で立ち寄ってくださる、そんな方もありました。お気軽にどうぞ!


 


9/20、21は「出前議員」です。ぜひいらしてください。

安保法制が可決成立した。私は私のやれることをしよう。自分が暮らす街の中で自分が思うことを語ろう。

さて、今日はこれから「出前議員」。このあと本日9月20日(土)午前10時からです。場所は須賀公民館です。ぜひお気軽に起こしください。平塚に暮らしていて感じること、個人的なこと、社会的なことなんでもオッケー!議員がみなさんの声を聴かせていただく会です。参加申し込み不用、途中入場、途中退出オッケーです。もちろん参加無料。午後3時までです。私は午前中のみの参加になります。

また、明日9月21日(日)も「出前議員」をします。場所は金田公民館です。こちらも午前10時から午後3時まで。江口参加はこちらも午前中までです。お気軽にどうぞ。



 

「出前議員」企画、タウンニュース取り上げてもらいました

昨日8月20日のタウンニュース平塚版のトップ記事で平塚市議会議員有志で始める「出前議員」のことを取り上げていただきました。「出前議員」の企画は議員サイドが話しをしたり報告したりするのではありません。そうではなくて、市政への疑問や身近な悩みをみなさんから寄せていただこうというものです。議員が市内全域の公民館に「出前」して、ひと月に2カ所、1年間かけて市内の全24館をまわる予定です。今後のスケジュールですでに決まっているものをここにもご案内します。

8月29日(土)横内公民館2階ホール

8月30日(日)大神公民館文化広報室

9月19日(土)須賀公民館

9月20日(日)金田公民館

いずれも時間は午前10時から午後3時まで。予約不要。参加費なし。お住まいのエリアの公民館でなくてもご参加いただけます。この企画は有志の議員5人でやります。メンバーは臼井照人さん、柏木徹さん、金子修一さん、府川まさるさん、それに私です。5人のうち必ず2人は会場でお待ちしているようにしたいと思っています。私は8月30日の大神公民館に終日います。9月開催分についてはどの議員がどの時間帯にいるのかこれから決めていきます。どうぞお気軽にご参加ください。

 


市政に注文 「出前議員」スタートします


⬆ 柏木徹議員と。「出前議員」告知のチラシの印刷しました

⬆ 府川まさる議員と柏木議員 お二人は仕事が早い!府川事務所にて


平塚市議会議員有志で、「市政に注文 出前議員」というのをスタートさせます。発起人・参加議員は、今のところ、臼井照人議員、柏木徹議員、金子修一議員、府川まさる議員、江口の5人です。今日午前中は告知チラシの印刷をしました。

この企画、そもそもの言い出しっぺは、府川まさる議員です。府川さんは「大切なのはこのまちに暮らす方から出来る限り率直に直接意見をきくこと。市内全域にこちらからお邪魔する〝出前議会〟をやってみないか」とおっしゃって、平塚議会の全議員に参加を呼びかけました。

初年度の今年は、党派も考えもそれぞれ全く違う議員が集まってやることになりました。さっそくこの8月末からスタートします。一年かけて基本的に平塚市内の全公民館24館を回る予定です。ご都合ついたらぜひ気軽にいらしてください。いずれも時間は、午前10時から午後3時まで。参加申し込みなし、事前予約なし、もちろん参加無料。お住まいの地域の公民館でなくても大丈夫です。私、江口は30日の大神公民館のほうに参加予定です。

8月29日(土)横内公民館2階ホール

8月30日(日)大神公民館文化広報室


 


市原市長選に見る新しい未来 平塚市議会にも変化 


⬆今年6月、市原市長選挙で勝利した小出市長の2連ポスター

●実は今って、かなり面白い時代の転換期
保法制が衆議院議員で可決したり、武器輸出三原則が変えられたり、原子力発電所を海外に総理自ら売り込んだり、秘密保護法ができたり、と、まぁ、本当にいろんなことがあります。ちょっとうっかりするとため息が出そうになる。だけど、と、私は思っているんです。ため息どころか、実は今かなり面白い時代の転換期にあるんだと感じています。


平塚市議会「安全保障法制の丁寧かつ十分な審議を求める意見書」提出

たとえば、平塚市議会でも変化が起きています。平塚市議会でも「安全保障法制の丁寧かつ十分な審議を求める意見書」を国に提出しています。提出するためには、議員の過半数以上の賛成がないとダメなわけですが、平塚市議会では賛成14人・反対12人の賛成多数(私も賛成しました!)で、意見書提出に至っています。以前の平塚市議会ならば採択されることはなかったろうと思います。これは変化です。


●注目の市原市長選 自公推薦元東電社員候補を無所属候補が破る

変化は平塚市議会だけではありません。驚いてしまうのは、今年6月7日投開票の千葉県市川市の市長選挙です。これには驚きました。無所属新人で元市議会議員の小出醸治氏が、元東京電力五井火力発電所所長大西英樹氏(自民党と公明党の推薦)を破り、当選しています。


●市原市民、放射性廃棄物処分場にノー!

市原市長選の事実上の争点のひとつは、選挙の直前に突如環境省が打ち出した放射性廃棄物処分場問題、だったそうです。といいますのも、今年4月、国は、市原市に隣接する東電千葉火力発電所を放射性廃棄物処分場候補地にすることを明らかにしました。その問題の東電火力発電所の、元所長・大西氏が、市原市長選挙に立候補したのです。千葉県もとりわけ内房は保守的傾向が強いそうです。内房の市原市は超保守王国です。自民党と公明党の推薦を得た大西氏の圧勝かに見えましたが、選挙結果は違いました。1万5千票差で無所属の候補小出氏が勝ちました。

●元ジェフ市原のGM祖母井秀氏も一肌ぬいだ熱い選挙でした
少し前ならば、こんなことはなかったろうと思うのです。市原市の市長選挙の結果が持つ意味は非常に大きいです。元東電社員が自公推薦で市長選に出る。それだけでも「そりゃないよ」と思いますが、放射性廃棄物処分場問題がからむ選挙で当たり前のように通ってしまったら、、、。モラルハザードが大手を振って歩いてしまいます。その影響は全国に広がるところでした。市原市民はこれを阻止したのです。すごいことです。写真は、当選した小出氏の2連ポスターです。小出氏と並んでいるのは、ジェフユナイテッド市原・千葉のゼネラルマネージャーをつとめていた祖母井秀隆(うがばいひでたか)氏、です。この2連ポスターを見て、選挙の盛り上がりと祖母井秀隆氏の市原の未来に対する強い思いを感じました。
 


70年前の平塚空襲で 私が住む場所は

今から70年前の平塚空襲による被害状況をプロットした地図。我が家がある平塚市南原3丁目の様子。黒い■が被災した家。細かな道も家の並びも大して変わらない。リアルだ。
各地域ごとの被災状況が詳細に記されている資料編。平塚市博物館の受付で購入可能。

























先日、「市民が探る平塚空襲 資料編」を本棚から引っぱりだして何気なく見ていました。これは、平塚市博物館と「平塚の空襲と戦災を記録する会」の方たちが平塚空襲の被害実態を調査し、まとめた資料です。私は、この中の一項に釘付けになりました。

それが、このマップ(上に貼付けた写真の一枚目)です。これ! 平塚の人ならば分かるかしら?このマップは、私が住んでいる南原3丁目の空爆被害を受けた家をプロットしたもの。黒い四角が被害が出たお宅です。ちなみに、赤字で書き入れた場所が、いま私が住んでいる家です。我が家の位置はすぐにわかりました。だって、ほんとに細い道や家の並びまで今とほとんど変わらないんだもの。今でこそアパートや戸建の住宅が建て込んできてはいるけれど、基本的にたいして変わらない。比較的敷地の大きなお宅は、当時と同じ表札、、、。ものすごくリアルです。

これは70年前に起きた平塚空襲の被害状況です。70年前というと遠い昔のことのように思いがちですが、まったくそうではない。それがこのマップを見て感覚的につかめました。私たちは、多くの人が残酷に焼かれた町に、実のところ何も知らずに住んでいる。あの戦争は決して昔のことではない。ほんのちょっと前の出来事だったんだ。
 

それにしても、だ。こんなところでも空襲を受けてるという事実に驚く。私が住む平塚市南原は、駅から車でも15分はかかる距離です。今でこそ家が増えていますが、当時は人家もまばらで畑が広がるとてものどかな場所だったろう。そこに、一軒一軒が狙い撃ちされるみたいに焼かれている。70年前の7月16日の深夜のことだ。寝ていた人が多かったんじゃないだろうか。平塚空襲の攻撃対象は、海軍火薬廠でなく駅周辺の市街地だったことは知っていたけれど、何も市街地だけが狙われたわけじゃなかったんだ、、、。人が住む場所はくまなく焼こうとしたんだ、、、。

「市民が探る平塚空襲 資料編」は全三冊あり、ほとんどすべての平塚市内の被災した状況が詳細に記されています。おそらくあなたの住むエリアの平塚空襲被害状況も載ってますよ。現在、平塚市博物館では、「平塚空襲70年展」が開会中です。こちらもものすごく見ごたえありますので、ぜひ。



 

まちある記:地域活動支援センターこぶしへ 





先日(6/30)は、平塚市 東中原にある地域活動支援センターこぶしを訪ねました。ここでは、障害を持つ方たちが、ビーズ作品や刺繍糸を使ったミサンガを作っていました。とてもゆっくりした雰囲気のなかで、丁寧に作品を作っていました。今年、養護学校を卒業したじゅりやさんがつくるミサンガの色合わせが美しくって、見惚れてしまいました。じゅりやさんが、「あなたにはピンク色があうよ」と言ってくれて、ピンクのミサンガをプレゼントしてくれました。ありがとうございます。またお邪魔させてくださーい。

 


古代の相模の中心地 平塚・大神を歩く




昨日夕方、平塚市・大神エリアを歩きました。ここは、「大神」と名付けられただけあって、本当に美しい。「大きな神」が宿る場所です。 と、ツイートしたら、”Twitter友達”のTetsuya kawamotoさんから、以下のようなメッセージをいただきました。

「神体山の大山が遠望でき、相模川対岸には一宮の寒川神社もある。近くの真土には首長墓と思しき巨大な前方後円墳もあった(戦時中に土を取られ完全に破壊されてしまいましたが)。一帯は古代の相模の中心地ですね」。古代の相模の中心地は、時を経た今も、多くの方の農の営みが培い、雄大で美しい。


平塚市美術館 川口起美雄展 よかった

昨日は、平塚市美術館で開催中の川口起美雄展に行きました。これ、200円で見れるなんて、超お得です。透明感がある暗色のタブローは、どれも緊張感があって、とても見応えがありました。テンペラ絵の具と油絵の具の混合技法というもので描かれているのだそうです。川口起美雄氏の描き出す静謐な世界、必見だと思いました。


大切な方を自死でなくされた方のための交流会



⬆ 画像をクリックしていただくともう少し見やすいチラシを見れます。

本日3/27(金)、大切な方を自死でなくされた方の「わかちあい・交流会」が八幡山の洋館(旧横浜ゴム平塚製造所記念館)で行われます。八幡山の洋館は、平塚市役所の南側、八幡神社の西側にあります。会は、午後2時からです。もちろん、匿名でのご参加も可能です。



 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM