体の声を聴くために 治療メモのすすめ


写真:烏賀陽弘道氏撮影

体の声を聴け!サバイバーからの手紙
​抗ガン剤でガンの再発を防げると信じて疑わなかった私は、薬によって短期的にダメージを受けても、じき回復するものだと思い込んでいました。なのでたとえ体が悲鳴をあげても、そんなことで弱音を吐いちゃいかんよと自分の尻を自分で叩き、とことんまで頑張る決意でいました。そんななかで、毎週のように手紙をくれた女性がいました。いつも「身体の声を聞いてくださいね」と書いてありました。差出人は、これまでに4度もガンを乗り越えてきた方で、その時の経験からアドバイスくださいました。私はこの手紙がなかったら、抗ガン剤治療を頑張りすぎてその副作用で死んでいたのでないかと、今も当時を振り返って思います。

体の悲鳴をキャッチ!
「もうやめとけ」。そう体が言っていると感じるようになったのは、治療を始めてから10ヶ月くらいたったころです。体の悲鳴の聴いたと確かに感じました。そもそも抗ガン剤治療は、薬でガン細胞もろとも体の細胞を一旦死滅状態にして、元気な細胞だけ再生させ乗り切ろうというコンセプトのシロモノなんですが、私の場合は、度重なる攻撃を受けているうちに、ガン細胞以外のほかの細胞も力を失くしていきました。特に事態を悪化させたのは、「エンドキサン(医薬品名シクロフォスファミド)」という抗ガン剤で、これによって血液中の白血球数が急減しました。免疫力を失ったために、一ヶ月間38度を超える高熱が断続的に続きました。次第に、歩くことはおろか座位を保つのも苦労するようになりました。「もうやめとけ」と体が言ってきたと感じたのは、このころです。あの時、体の悲鳴をキャッチできたのはガンサバイバー女性からの手紙のおかげだと思います。


体の声に耳を澄ます そのためにメモを
抗ガン剤治療については患者のなかでも賛否わかれるところで、ここではそこに踏み込んで書きませんが、体の声を聴くというのはとても大事だと思います。そのために私がおすすめしたいと思いますのは、「治療メモ」をとることなんですが、参考までに、「もうやめとけ」の声を聴くことになった抗ガン剤エンドキサンで治療していたころの私のメモ(2011年11月時点の記録)をはりつけます⬇。



抗ガン剤の点滴が終わったら、その都度点滴パックに貼ってあるシールを看護師さんに頼んで剥がしてもらい、これをノートに時系列に貼付けていきました。体のダメージ具合も書き入れました。こうすることで、何の薬を使ったのか間違えることなく把握できましたし、記録をつけることが体の声に耳を澄ます手助けになりました。また医師の診察の際にメモを持ち込み、診察室でメモを広げ話し合いの材料にもしました。


 


ガンに効く!東大安冨歩教授の授業

⬅クリックすると授業の動画サイトに移れます。

安冨歩教授の東大授業がネットで見れます
2013年4月から7月末まで、私は東大・安冨歩教授の授業に参加させてもらっていました。この授業の内容が丸々全部ネットで見れます。昨晩、私は、この一連の授業の最終回「社会を正しく機能させるために、必要なこととは何か?」の後半部分の安冨教授の話しを、見直していました。

つい先日、安冨歩教授は、テレビ番組の「アウトデラックス」に出演して、【役を演じることが人間の人生だと思い込むことの罪】について語っていましたが、この授業は、テレビでの話の内容をさらに掘り下げるものになっています。また、役を演じる大人が回すスムースな社会の暴力性を指摘するだけでなく、ではどうしたらいいのか、具体的処方を示す内容になっています。安冨教授は、子どもや老人や障害者といった【役を演じないで生きている人たち(無縁)】の高い創造性を社会の中にもう一度取り戻す必要がある、と説いておられます。ぜひご覧ください。


ごく幼いころから、「人生は役を演じるようなものだ」と思っていた
私は、幼稚園の頃に、「人生というのは与えられた役を舞台の端から端まで演じるようなものだ」と思ったことをはっきりと覚えています。幼少の頃だけでなく、その後、ごく最近までずっとそう思っていました。美術大学の卒業制作には、100号サイズの油絵に「舞台」とかいうタイトルをつけて、一方向を向いて舞台の上を歩く顔の定まらない人物群を暗い色調で描いて、この憂鬱な思い込みを絵のテーマにしたりしていました。なので、安冨教授が、「役を演じることが人生だと思い込むことの罪」を説いておられるのを知って大きな衝撃を受けました。

役を演じることが人間の人生だと思い込むことは、ガンもつくる
実は、乳ガンになったのが分かって告知されたとき、内心ホッとしたんです。「あ〜これで、色々、休めるわ。」と思ったんです。このときは、まだ安冨教授のことを全く知らなかったのですが、いまから振り返ってみると、役を演じることを降りることができる、少なくとも一時的に解放されると直感したのだと思います。一般に死の病と恐れられているガンになってホッとして、その理由が「色々休める」からだったことは、かなり奇妙です。なぜそう感じたのか。ヒントは安冨教授の著書や授業にありました。ほんの子どもの頃から「所詮人生は役を演じるようなもの」だと思い込み、実のところは絶望していたので、ガンになってホッとしたんだと思います。また、そんなわけだから体を蝕みガンをつくったんのだと思うのです。おそらく、この「役を演じることが人生」であるのは、私に限ったことではなく、多くの人に共通しているのではないかと思います。




 

グリーンスムージーとおはなし会お便り つくりました


⬅クリックするとダウンロードできます。

遊みんか・からだセミナー「グリーンスムージーとおはなし会便り」をつくりました。この秋は、10月26日(日)と11月22日(土)の2回開催します。どちらも場所は、湘南平のふもとのお家「遊みんか」で、時間は10時半から14時まで。眺望抜群の緑の囲まれた癒しスポット「遊みんか」にぜひ遊びにいらしてくださいね。


 


ガンはミステリアス

2011年秋、抗ガン剤治療をしていた頃、箱根で。この後、副作用が強くなり抗ガン剤治療はやめた。

医師の独善的な姿勢こそ問題だ
10月3日だったか、テレビに抗ガン剤治療に否定的な近藤誠医師が出たのを受けて、Twitter上では、匿名アカウントの医師が、「近藤誠医師の影響で患者が間違った選択をするようになり問題だ」と意見しているのを見ました。私は、この匿名医師のツイートに「テレビを見ただけで安易に感化されるおろかでかわいそうな患者像」を見て、全く嫌なヤツだぜ!と思うわけですが、それは差しおいても、こうした主張にはやはりNO!を主張したい。ガン治療に、「正しい選択」と「間違った選択」などあるのだろうか。残念ながら現代医療の最高峰をもってしても、ガンは制圧できていません。そうである以上、医師が一方的に断ずることができる「正しい選択」など、あるはずがありません。

ガン治療にマニュアルはない

半世紀以上もガン治療に携わってきている帯津良一医師は、著書『ホリスティック医学入門』の中で、「百人いたら百通りのガンがあると思えてきます。最先端の高度な治療を受けても治らない人がいるかと思えば、怪しげだとされている民間療法で劇的に治る人もいます。また何もしていないのに、自然に治ったという人もいます。それくらい、ガンには個性があって、それぞれが予期せぬ方向に動くのですから、マニュアルなどつくれるはずがないのです。『ミステリアス』。これこそ、ガンを語るにはもっとも適した言葉だと思います。」と書いています。

「ガンはミステリアス」 帯津医師の言葉を直に聞く

私は、約1年間、抗ガン剤治療をやりました。しかし、治療を重ねるうちに副作用で体が弱り、このまま続けたら抗がん剤で死んでしまうと感じ、治療をやめました。やめようと決心がつくまではかなり悩みました。そこで、上述の帯津良一医師のところをたずねました。「抗がん剤はやめたい。どう思いますか?」と質問しました。「やめていいよ」という医師のお墨付きが欲しかったんだと思います。帯津医師はとても柔和な顔をした方でした。1936年生まれですから、ご高齢ではありますが、若々しい印象でした。私の問いを受けて、医師は、柔和な顔をさらに明るくし身を乗り出すようにして、「おおー!どうするかね。でも、がんはミステリアスだからねぇ」とだけ言いました。そこには、押しつけや医学的説明などまったくありませんでした。あるのは、何千人とガン患者の生き死に接し生命の神秘に向き合ってきた、感慨のようなものだけでした。この帯津医師の「ガンはミステリアス」発言を直に聞く体験をして、背中をポンと押されたような気がしました。霧が晴れたように感じたものです。人間は神秘的な宇宙に生きる神秘的な生き物なんだ。だから何が起きるか分からない。現代医療がはじき出す生存率に怯えきっていましたが、「確率」じゃなくて、「神秘」にかけようと思いました。これは、医師への依存から解放された瞬間でもありました。

医師は、ミステリーに挑む良き伴走者であってほしい
ガンに限らず、人間の身体は分からないことばかりなんだろう。まさにミステリアスだ。抗がん剤を選ぶのも、民間療法を選ぶのも、あるいはその抱き合わせでいくもよし。選択は無限にあってそのどれも正解なんだと思います。医師には、その豊かな経験を活かして、ガンというミステリーに挑戦する良き伴走者であって欲しい。そう強く望みます。


 


西式的グリーンスムージーとお話し会 秋のおさそい


この秋も「遊みんか・からだセミナー」を開催します。このセミナーは、〜私のからだは私がつくるそんなあなたにおすすめレシピ〜をテーマに、西式健康法のグリーンスムージーを囲みながら皆でランチして、健康になるどころか、健康で幸せになっちゃう、「健幸大作戦ランチ会」を目指しています〜!
 

これまで、初回、二回目と、私江口が、西式健康法で乳がんに挑む!をテーマに話しをしてきましたが、10月開催のセミナーでは、ゲストスピーカーとして、長年、消費生活専門相談員をしている岩澤禮子さんに、【〜スイーツ好き諸君へ☆からだが喜ぶプリンはどっち?〜】をテーマに、お願いすることにしました。岩澤さんのお話しを聞くと、スーパーの棚に何食わ〜ぬ顔して並ぶうまそ〜なモノの中から、からだが喜ぶホンモノのチョイスできるようになりますよ。

ぜひ、この秋も、眺望最高&リラックス効果抜群!湘南平のふもとのお家「遊みんか」に遊びにいらしてくださいね!恐れ入りますが、食材や資料を用意する都合上、ご参加いただける方は、江口までメールください。info.eguchijimusho@gmail.com(アドレスをコピーしてください)

メール以外でのお問い合わせは、次の連絡先にお願いします。
江口TEL0463−32−1610(留守の際はメッセージを残してください)
井上駿携帯080−5485−9708

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆<10月の遊みんか・からだセミナー >

【目覚めよ!健幸美!スムージーランチとお話し会

〜スイーツ好き諸君へ☆からだが喜ぶプリンはどっち?〜】

日時:10月26日(日) 午前10時半から午後2時まで

(いつもよりも30分早い開始時間です)

ところ:遊みんか(平塚市万田658−3)

参加費:800円・子どもは無料

(一品持ち寄りの場合は500円 お家で普段食べるものを少しだけ)

☆<プレ予告:11月の遊みんか・からだセミナーのご案内>

11月のからだセミナーは、11月22日(土)を予定しています。

この日のゲストスピーカーは、井上駿さん(井上農食健康実験室)です。


なお、遊みんかへのアクセスは、バスの場合は、平塚駅北口③乗り場から乗車します。平33松岩寺行き9時42分発(9時55分着予定)、平35湘南平行き10時12分発(10時25分着予定)があります。上万田バス停下車徒歩5分です。


 


【おさそい】西式的グリーンスムージーとランチ会


直前のご案内になってしまいましたが、9月21日(日)に、「遊みんか(ゆうみんか)からだセミナーVol.3 西式的グリーンスムージーとランチ会」を開催します。主催は、わたし江口と市内南原在住の井上駿さん(井上農食健康実験室)です。

当日は、西式健康法のグリーンスムージーを一緒につくったあと、ランチ(ほんの少しだけ一品持ち寄りでお願いします)を囲みながら、西式健康法の真骨頂とも言える「裸療法」と水の飲み方を、江口がご案内します。西式健康法というのは、1927年に寒川町出身の西勝造氏が編み出した、実に素朴な健康法で、生の野菜をすりつぶしたスムージー(西式的グリーンスムージー)を中心にいただき、自宅でできる簡単な運動を組み合わせて行います。

私は、この健康法で、高悪性度の乳がんをつくった身体の「改造」をしている最中です。「とにかく疲れやすくて根気がない」「首や肩が凝っていて仕事に熱中できない」「便秘で困る」こんな症状の方にはぜひともおすすめしたい健康法です。以下、日時と場所の詳細です。恐れ入りますが、材料を用意する都合上、参加申し込みをお願いします。参加申し込みは 江口、info.eguchijimusho@gmail.comまで(アドレスをコピーして、お名前と参加人数をメールください)


日時 9月21日(日) 午前11時から午後2時まで 

場所 遊みんか(平塚市万田658−3) 平塚駅北口③乗り場から乗車、上万田バス停下車(平33松岩寺行き10時42分・平35湘南平行き10時12分発)

会費 500円 子ども無料 ほんの少しだけ一品お持ちよりください。持ち寄りなしは会費800円です。

問合わせ 江口TEL&FAX 0463-32-1610 / 井上駿(井上農食健康実験室)080-5485−9708




⬆ 西式的グリーンスムージーはスロージューサーを使ってつくります。


⬆ 会場のおうち「遊みんか」は癒し効果抜群の展望スポットですよ。




 


身体の声を聴く 家事編

突然ですが、私は、家事のなかでも掃除と洗濯が嫌いでした。その原因がようやく分かりました。掃除機と洗濯機の機械音が嫌いなんです。これに気付いたのは、抗がん剤の使いすぎで絶不調だった頃。夫が、体調不良の妻を気遣い、せっせと掃除機をかけてくれていたのですが、私は、「頼むから私がいない時にやってくれないか」と真顔で頼んでいました。(まぁ当然ですが、こうした訴えは、「家庭内騒動」に発展しますねぇ、、、はい。)


体調が悪いと、普段はあまり気にならないことも、くっきりとその輪郭が見えてきます。洗濯機と掃除機の音が聞こえると、ベッドに寝込んだ身体が余計にぐったりしました。身体は力をなくすと、その都度、不快感を症状にして訴えてきます。こうなると、だらりと力ない四肢を持て余した病人は、「あんたはいったい何が嫌なんだね?」と自分に問うことになります。そんな身体とのやり取りを繰り返してた末に、あ〜、私は、あの音が好きじゃないんだ、だから掃除と洗濯が嫌いなんだ、ということを発見しました!元気な時はなんとなく掃除と洗濯は嫌いだと思っていただけでしたが。

大げさな話しに聞こえますが、この気づきが、我が家の「家事革命」につながりました。原因が分かればあとは対処あるのみ!「音が出ない」道具を導入しました。それが、これです。長柄箒⬇。ただの箒ではありません。


熟練職人の手造品、筑波の座敷箒です。ものすごく使いやすい。草がしっかりついていて床に落ちることがありません。幅広の穂先が床にぴったりとフィットします。草がびっちりついているので独特の弾力性があり、これが掃くたびに身体にかえってきて、なんとも心地良い。何しろ、音がしないので、早朝だろうが深夜だろうが掃除できます。ちなみに、私は、ちりとりは使いません。部屋の端から掃き出して最後に玄関に埃をため、たまった埃を小さく切って濡らしたウエスでかき集めます。掃く時に屈むのが嫌なので、佐一郎長柄(五つ玉)というのを買いました。8000円也。高価な買い物でしたが大満足です。一日に2回、1回につき5分ずつくらいかけて、ちょこちょこ掃除しています。


次に導入したのが、洗濯板です⬇


これは、茅ヶ崎にあるおしゃれな雑貨屋さん「サポネリア」のオリジナル商品です。1200円くらいだったかな。この洗濯板も、当然ですが、音が出ません。すべての洗濯物を洗濯板でやるのはつらいので、ちょっと汚れたきたかなと思うものを、洗濯板で洗います。そしたら!あなた!これは驚きです。洗濯機で洗って奇麗にしていたつもりのモノでも、汚れが出る出る!達成感があります。楽しい♩、です。

音が出ないものにしたいというただその一念で、悩んだ末?に、行き着いたのが、あまりに良く知られた古式ゆかしい日本の道具たちでした。使い始めて分かったことでしたが、箒も洗濯板も、何がすばらしいって、その「達成感」がたまらない。これは掃除機や洗濯機にはない喜びです。箒でかき集めた埃を見、板でしごいて汚れた水を見ては、「ほ〜!きれいになったわ〜」とひとり達成感に酔いしれています。お試しあれ。



 


西式的グリーンスムージーとおはなし会 楽しかった〜

6月29日(日)、湘南平のふもとにある「遊みんか」で、「西式健康法入門料理教室 西式的グリーンスムージーとおはなし会」を開催しました。とても楽しい会になりました。西式健康法は、少食をモットーにする健康法で、自宅でできる簡単な運動法と組み合わせて行います。私はこの健康法で元気になるきっかけをつかみました。


 撮影 akko

⬆ この料理教室とおはなし会は、農業と食の研究家の井上駿さんと共同開催でした


⬆ 定員の15人を超えて、たくさんの方がおいでくださいました


⬆ 西式的グリーンスムージー(青泥)をスロージューサー・ヒューロムでつくりました


⬆ 一人150g、20人分です。さすがにすごい量。美味しいとなかなか好評でした。

西式健康法は、食べ過ぎは万病のもとだと考えていて、1日2食が基本、朝ご飯は抜きです。食事を減らしたら大事になるのがその質です。玄米や新鮮な野菜、大豆製品や小魚、海藻などを積極的に食べる工夫が必要になります。

できるだけ少食にするためには生で食べるほうが効率的です。火を加えるとビタミンが壊れ酵素も壊れてしまうからです。そこで、野菜も玄米も生でいただきます。加えて、胃腸への負担をかるくするという目的のために、野菜はすりつぶしてスムージー(青泥)にし、玄米は生のまま珈琲ミルを使って、きな粉のような状態にしてから食べます。玄米はできれば無農薬を。

⬆ 玄米を生のまま珈琲ミルできな粉状にして食べます こちらも思いのほか美味しいと好評
 


⬆ 井上さんお手製の薬膳料理です



⬆西式健康法を分かりやすく書いた入門書 『病気知らずの体になる「腹七分目」の満腹法』をご紹介しました。




⬆ 会場の遊みんか ここの癒し度は抜群です

西式健康法のお料理教室はまた開催します。このブログでもご案内します。ご参加お待ちしています。




 


かわいそうながん患者病からの脱出 養生塾のすすめ
























photo by
烏賀陽弘道

先日、がんになってからの怒濤の3年をともに過ごすはめになった!夫に、「同居人として、がん治療にもっとも効果的なことは何だと思うか」とたずねてみました。そうねぇとひと呼吸置いて彼は、「大事なのは、病気の原因を医者に取り除いてもらえるという幻想を捨てることじゃないか」と言っていました。病気の原因を医者に取り除いてもらえるという幻想を捨てる。これが難しい。幻想だとは思えない。医者に治してもらえると思い込んでしまう。医者にすがってしまう。

私の場合、幸運にも、社会的にも人格的にも立派な方が主治医でした。これ以上ない適切な摘出手術、分かりやす説明で、選挙に出たいという私の思いに添って抗がん剤治療を組み立ててもくださいました。恵まれた治療を受けていましたが、次第に、主治医に依存していくようになりました。耳慣れない医学用語、次々に処方される抗がん剤は溺れるように苦しい。それでもひたすらついていく。すっかり受け身のがん患者になった私は、強い無力感に苛まれるようになりました。

もしかしたら死ぬかもしれない。トイレに入っては大泣きし風呂のなかでは涙がこぼれました。マイナスパワー炸裂でした。ですが、しばらくしたら、こんなことしていて健康になれるはずがないと思うようになって、一念発起して出かけたのが、帯津良一医師が長野県飯綱高原でやっている「がん患者の為の合宿養生塾」でした。

ここで私はブレイクスルーします。長野飯綱高原のすばらしい環境のなか、帯津医師を囲み車座になって行った患者どうしの自己紹介は、今でも忘れません。みなすごくパワフルでした。抗がん剤を続ける人、やめた人、食事療法だけの人、心理療法も受けている人、私よりも病状が厳しい人もたくさんいました。それぞれに病気だけでなく病気をつくった自分に向き合い、力強く説明していました。長い自己紹介でした。

私は、合宿の一番最初のこの自己紹介タイムだけですっかり圧倒されました。こんなふうに自分が生き伸びる事に一生懸命になっていいんだ、と思ったのを覚えています。ついに発言の番が回ってきました。参加者は事前に帯津先生に伝えたいことをファックスで送ることになっていたので、私も送ったファックスを読み上げられました。そこに「死ぬのが怖いんです。どうしたらいいかわかりません」と書いていました。これをコーディネーターの塩沢みどりさんが大きなよく通る声で読み上げました。とても恥ずかしかった。それまで死への恐怖にどっぷりつかりメソメソしていたわけですが、それをそのまま、同病者の前でさらけ出すことになってしまったんです。あちゃ〜、、という感じでした。この時、ようやく「かわいそうながん患者病」から脱け出し始めました。

で、「死ぬのが怖いんです」という私に、帯津先生はなんと言ったかというと、「死ぬのは私も怖い」とサラッと言いました。この一言を聞いて、私は、「な〜んだ!そうよね!」と急に憑き物が落ちたような気分になりました。長い時間かけた濃密な自己紹介タイムを経て、参加者どうしの距離はゆるみ、その後続いた丸2日間の合宿はとても充実したものになりました。そうそう、この合宿の参加者には、大人気の帯津三敬病院の予約を早めに入れてもらえるという特典もついていました。今年の夏も帯津良一医師の「がん患者の為の合宿養生塾」が開かれるようです。詳細はサイトをご覧ください。




 


ピンクの東京タワー

photo by
烏賀陽弘道

私が入院していた病室からは東京タワーが見えました。毎年10月、ピンクリボン運動キャンペーンで東京タワーがピンク色に染まります。ちょっと前に書いた詩です。

【ピンクの東京タワー】

あなたを救うピンクリボン

乳がん撲滅キャンペーン

ピンクに光る東京タワー

なにゆえそんなに眩しいの


恐い乳がんなくしましょ

あなたのおっぱいなくなるよ

見逃すな!妻の乳がん!

見逃すな!彼女の乳がん!

だんなのつとめ 彼氏の役目

愛ある二人に癌保険

夜のデートスポット ピンクタワー 

見上げるあなたに 癌保険!

なにゆえそんなに眩しいの

夜空を照らすピンクリボン

私が使う抗がん剤が

タワーをピンクに染めていた




 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM